事業内容

アクチュアライズ株式会社は、角膜内皮障害に対するアンメット・メディカル・ニーズの解決策として、 1)FECD角膜内皮障害治療点眼薬 と 2)角膜内皮再生医療用細胞製品 の2種類の製品の開発・上市を目指します。

■フックス角膜内皮ジストロフィの治療薬の開発情報

フックス角膜内皮ジストロフィ(FECD)は欧米人の罹患率4%と有病率が高く角膜内皮障害の最大の原因です。FECDに対する唯一の治療法は角膜移植のみであり、世界の角膜移植の約40%を占めます。角膜移植は、亡くなったドナーより提供された角膜を、患者さんに移植することで患者さんの濁った角膜を透明化させる治療です。しかしながら、世界的なドナー不足、移植片(グラフト)不全、拒絶反応、手術の難しさなどの問題があります。角膜移植は不可欠な治療法である一方で、患者さん、眼科医にとって負担が大きいというのが実情です。

■角膜内皮治療用細胞製品の開発情報(日本)